少し早い秋到来

朝夜の寒さがやばい

朝晩肌寒くなってきたので、まだ8月ですが子供服だけ衣替えをしました。

 

6か月の子供は生まれた時はまだ寒かったから冬服をそろえたけれど、また寒くなったからといってその服は小さすぎて着れません。

 

子供の成長はうれしいけれど、季節ごとにお洋服を買い替えるのは家計的には困ったものです。

 

押し入れにしまった親戚にもらったお下がりの服を引っ張り出して選別するところから始めました。

 

秋冬にちょうど着られるサイズのものがたくさんあって、新しく買う必要がないことがわかってホッとしました。

 

それでももらったものは秋冬用ばかりなので、来年の夏は新しいお洋服を買ってあげなくてはいけません。

 

今はハイハイもおぼつかないから、つなぎの服ばかりだけれど、来年の今頃は立って歩いてが上手にできている頃だから上着とズボンが必要になります。

 

子供用のクローゼットは、小さい本棚を100均の突っ張り棒やかごを使って改造した手作りです。

 

お洋服の量が倍になるから、きちんとしたタンスを用意してあげなくてはいけないかもしれません。

 

こうやって子供のものってだんだん多くなって、大人と変わらなくなっていくんだなと実感しました。

 

自分の両親もこうやって成長を喜んでくれたのかと考えて、衣替えでジーンときてしまいました。