ゲームを手放す

つらい

引越しすることになった。
旦那共々、いらないものを処分することになったけど、大量のテレビゲーム達をどうしようか…。
FF、テイルズ、零、ぼくのなつやすみ…私の青春の裏側を彩ったゲーム達。捨てるのは勿体ない気もするし、かといってもうやることもない(そんな時間があったら寝たい@乳児持ち)しな…。
小一時間悩んだけど、すっぱり全部さよならすることにした。ま、これからお金もいるしな。
捨てるか迷いに迷ったのは、FF10とぼくのなつやすみ2。どちらも私のなかで名作。

 

 

※ここからネタバレ含むので注意

 

 

FF10は中学一年生の時にプレイしたなあ…クリアするとティーダが死んじゃうって分かってたから、ラスボス前にかなりウロウロして無駄に強くなったよなあ…。
とか
ぼくのなつやすみ2は虫相撲までカンペキにやりこんだよなあ…なつやすみのゲームなのに半年近くやってたよなあ…。
とか。
思い出が半端ない。他のゲームも軽く100時間はやってる隠れオタクだったけど、この2つは格別だったな。うん。

 

それでも、もう私も子持ちで良い大人。ゲームなんかやってないで家事しなきゃだし、育児しなきゃだし。
大人になったなあ…なんて感じながら、懐かしいゲーム達をダンボールに詰めるのであった。